Home » グロインペイン症候群

グロインペイン症候群

 グロインペイン症候群とは

hip
和名で「鼠径部痛症候群」と呼ばれていて、一つの症状に対する名前ではありません。

「恥骨結合炎」「内転筋腱障害」「腸腰筋の機能障害」「鼠径管後壁欠損」「スポーツヘルニア」「外腹斜筋腱膜の損傷」、などの障害を総称して「グロインペイン症候群」といいます。

簡単にまとめますと、股関節まわりが痛む症状を指します。

グロインペイン症候群の原因

    • 体幹から股関節周辺の筋肉が固い
    • 股関節を不自然に動かすことが多い (スポーツでは主にサッカー)
    • 股関節周りの筋力低下
    • 足首のねんざ
    • 足の打撲
    • 足の肉離れ
    • 腰痛をもっている

等の原因があげられます。

※主に10代~30代のサッカーをしている人が発症しやすいようです。

グロインペイン症候群にかかったサッカー選手

      • 中田英寿選手
      • 中村俊介選手
      • ジネディーヌ・ジダン選手
      • 箕輪義信選手
      • ディエリ・アンリ選手
      • 田口泰士選手

グロインペイン症候群の症状

個人差はありますが、股関節周りが痛いのが主な症状ですが、運動をしていないときは痛みが引いてくるのも特徴です。また、運動を再開すると痛みだします。

グロインペイン症候群の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。

カイロプラクティックでは、鼠径部に負担をかけている筋肉の調整をしていきます。その後に骨盤、脊柱のバランスを整えて鼠径部にかかる負担を軽くしていきます。

さらに、日常のケアをするためにストレッチやトレーニング方法をアドバイスしていきます。

グロインペイン症候群は放っておくとひどい場合、手術になる事もあります。スポーツや日常で鼠径部に違和感を感じたら早めに相談してください。

グロインペイン症候群になってしまったら安静とケアが大切です。

店舗案内

Copyright(c) 2016 【股関節の痛み】変形性股関節症の治療|横浜の股関節痛を専門とする整体院 All Rights Reserved.