Home » 股関節唇損傷

股関節唇損傷

 股関節唇損傷とは

kokannsetusin
股関節唇とは、骨盤のくぼみの部分「臼蓋」の周囲を幅4~7mmで環状にとりまいている部分です。
軟骨繊維で構成され、唇状の形をしています。大腿骨頭を包み込んで臼蓋に収まりを良くし、
外部からの衝撃を吸収しています。

股関節唇が股関節の動きによって損傷してしまう事を股関節唇損傷といいます。

股関節唇損傷の原因

    • FAI
    • 関節包弛緩
    • 臼蓋形成不全
    • 外傷(けが)

等があげられます。

股関節唇損傷の症状

    • 脚を動かす動作で痛みやひっかかりを感じる
    • あぐらのような股関節を開く動きで痛みや違和感を感じる
    • 股関節を内側に倒すような動きでも痛みや違和感を感じる
    • 靴下をはく、爪を切る時にも痛みや違和感を感じる

股関節唇損傷の治療

通常はリハビリと非ステロイド系消炎鎮痛剤の内服による保存療法がおこなわれるようです。
それでも改善がみられない場合は手術療法が適応されます。
手術の方法は「内視鏡手術」と股関節を脱臼させた状態で行う「手術的脱臼法」で行われるそうです。
手術になってしまうと大変ですので、手術が必要ない状態の時にしっかりケアしましょう。

店舗案内

Copyright(c) 2016 【股関節の痛み】変形性股関節症の治療|横浜の股関節痛を専門とする整体院 All Rights Reserved.